事業継続計画(BCP)

事業継続計画(BCP)とは、企業が災害や火災などの緊急事態に遭遇した場合に備えた計画です。事業継続計画の目的は、災害時の損害を最小限にとどめつつ、事業の継続あるいは早期復旧をすることです。事業継続計画では、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておきます。

 

中小企業庁では、事業継続計画(BCP)の策定や運用をするための「中小企業BCP策定運用指針」を作成し、ホームページ上で公開するなど普及を促進しています。
中小企業BCP策定運用指針

 

熊本地震、九州北部豪雨など、緊急事態は突然発生します。
有効な手を打つことができなければ、特に中小企業は廃業に追い込まれる恐れもあります。
もしくは、事業を縮小し従業員を解雇しなければならない状況も考えられます。
そうならないためにも、平常時からBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図ることが重要となります。

早期経営改善計画

「早期経営改善計画」とは、

 

自己の経営を見直すために作成する簡潔な事業計画書です。

 

<このような方にお勧めです。>

今のところ返済条件等の変更は必要ないが、

〇ここのところ、資金繰りが不安定だ。

〇よくわからないが、売上が減少している。

〇自社の状況を客観的に把握したい。

中小企業庁のパンフレット

 

ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。