クラウドファンディングとは

~クラウドファンディング~
ネット上で自分の夢実現のサポートを募るサービス。
共感した人々が資金を提供し、目標が達成されればそれぞれに応じた謝礼が払われます。
個人や事業者が資金調達をする手段として、世界中で注目されています。

また、クラウドファンディングを上手く活用することで、製品やサービスの開発に必要な資金を集めることができるだけでなく、より多くの人へ向けて自身の製品やサービスを認知してもらうことができます。

 

ここではクラウドファンディングについて、基本的な知識と情報についてご説明したいと思います。
クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(crowd)資金調達(funding)を組み合わせた造語で、個人や事業者が製品やサービスの開発、もしくはアイデアの実現などの目的のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ることをいいます。

 

クラウドファンディングのメリット
起案者のメリット
製品やサービスのアイデアがあり、制作をするスキルもあるが、そのための資金がなかったり、そもそも知名度がない個人や事業者が、クラウドファンディングサービスをはじめとしたプラットフォームを利用することで、資金を集めることができるというのが一番のメリットではないでしょうか。
また、開発段階から支援者との交流も行えるので、細かなニーズや要望をキャッチしやすいという点でもメリットかもしれません。

支援者のメリット
支援者のメリットとしては、今後成長していく可能性のある製品やサービスに対して、少額から気軽に寄付や出資ができるという点や、支援額に応じたリターンを得られることがメリットではないでしょうか。

 

クラウドファンディングの種類
クラウドファンディングの種類には一般的には支援者に対するリターンによって、大きく3つに分類されています。

寄付型:リターンなし
金融型:金銭的なリターンを伴う
購入型:金銭以外の物品や権利を購入

 

クラウドファンディングは日本国内だけでも100社以上のサービスがあります。
クラウドファンディングを活用して資金調達を考えている個人や事業者の方は、自身の実現したい製品やサービスが、どのクラウドファンディングサービスとなじむのか、成立の可能性が高そうなのはどこかをよく調査した上で、プロジェクトを起案してみましょう。

 

また、支援したいという方でも、すぐに寄付したり、投資することはハードルが高いかもしれません。
しかしサービスサイトを見ているだけでも、どのような企業がどのようなことをしようと思っていて、そこにどれだけの人が共感を得ているのかが分かるようになると思います。
資産運用や寄付などあまり構えずに、まずはサイトを見てみることが「フィンテック」を知る入り口にもなるのではないでしょうか。